フロントガラス外側の曇り止めに有効なエアコン操作方法

%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%a4%96%e5%81%b4%e3%81%ae%e6%9b%87%e3%82%8a%e6%ad%a2%e3%82%81%e3%81%ab%e6%9c%89%e5%8a%b9%e3%81%aa%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%b3

雨上がりの日などフロントガラスの”外側”が曇っている時はありませんか?

フロントガラスの内側が曇ることは多くても外側が曇るケースはそこまで多くないことから「どうやって曇りを取るの?」と考える方も多いはず。

温度差によって曇りが発生する

まず、曇る原因を見ていきましょう。

曇りは車内と車外の温度差によってフロントガラス付近の湿った空気が冷やされることによって水滴となり生じます。

%e9%9b%a8%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%a4%96%e5%81%b4%e3%81%8c%e6%9b%87%e3%82%8b%e5%8e%9f%e5%9b%a0

冬場は車内の湿った暖かい空気がフロントガラスで冷やされるためフロントガラスの”内側”に水滴が生じます。逆に、梅雨時は外の湿った暖かい空気がフロントガラスで冷やされるためフロントガラスの”外側”に水滴が生じます。この水滴が曇りの正体です。

つまり、車内と車外に温度差があり、湿度が高いときに曇りが生じると言うわけです。

例えば、冬場は乾燥しているため加湿器を自宅で使用する方が多いと思います。このとき、窓ガラスの内側が曇ることがよくあると思いますが、これは室内の湿った暖かい空気(蒸気)が窓ガラスによって冷やされ水となったために起こる現象です。

これと同じことが車で起きているわけです。

曇り止め解決策

では、曇り止めの解決策を説明していきましょう。

曇りは湿った空気がフロントガラスで冷やされることによって生じます。逆を言えば、フロントガラスで湿った空気を冷やさなければ曇りは発生しないというわけです。

つまり、フロントガラスを暖めればいいのです。

フロントガラスが曇ってきたと感じたらオートエアコンの「デフロスタ」スイッチを押しましょう。このスイッチを押すと「風量最大」「除湿機能ON(A/Cモード)」「内気循環が外気導入に切り替わる」「吹き出し口がフロントガラスい切り替わる」が自動で行われ曇りを防ぎます。

もし、手動タイプであれば「吹き出し口をフロントガラスに切り替え」「空気を内気循環から外気導入に切り替え」「温度設定を最高に上げる」「A/CモードをONにする」これらを行うことによってオートエアコンのデフロスタと同じ効果が得られます。

車内で冷房を使っている場合はどうするの?

よく、冷房をフロントガラスに当てる方がいると思いますがこれは逆効果です。先程から説明している通り冷えたフロントガラスによって湿った暖かい空気が冷やされて曇っているので、原因となるフロントガラスを冷やしてはいけません。

ちなみに「吹き出しをフロントガラスに切り替えたら冷房でも曇りが取れた!」と言う方もいるかと思いますが、これはA/Cモードによって乾燥した空気が送られているためですので、車内外の温度差が大きい場合には大きな効果は期待できません。

梅雨や夏場、車内で冷房を使用しているとフロントガラスの外側が曇ることがありますが、このときの対応も基本的には冬場と同じくフロントガラスを暖める、窓を開けて車内外の温度差を少なくするのが最善策となります。

それでも、「涼しさを維持したいから温風を出したくない!」と言う方は市販の曇り止めを使用することをおすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る